転職で失敗しないために。やりたいことと転職で生きがいを手に入れるステップ

      2016/08/05

こんにちわ!

コーチの皆川です。

かつて、僕はジョブホッパーでした。

仕事を転々として、いろいろな業種に手を出していました。

その数8回。

 

僕は転職をすることが悪いことだとは思っていませんが、

転職する時は、ポジティブな動機で転職をすることが重要なポイントだと思っています。

僕がネガティブな動機で失敗してきたからです。

ではポジティブな動機とは何なのか。

その動機で転職をするにはどうすればいいのか。

 

今回は、そういったところに注目して失敗しない転職法をご紹介します。

 

ネガティブな転職の落とし穴

ネガティブな転職というのは、現状の仕事に不満があって辞めるということです。

中には超ブラック企業のような会社に勤めていて、どうしても仕事が辛くなってしまう人もいますが、

現職に不満があるというだけで、転職をするという選択はあまりオススメできません。

なぜなら、そういった現職での問題は、次の転職先でも同じ問題が起こる可能性があるからです。

 

例えば、私のクライアントで何度か転職を繰り返してしまう方がいました。

彼は国家資格を持っていたり、良い大学を出ていたにも関わらず、

現職で自分が認められていないから転職したいと思っていたのでした。

 

 

しかし、会社からの評価というものは、どうしても自分の努力と比例するわけではありません。

転職して、そこで努力したり成果をあげたりしても、

必ずしも評価してくれるとは限らないのです。

 

ポジティブな転職とは何か?

今度はポジティブな転職についてお話しします。

ポジティブな転職というのは、現職に対して大きな不満があるわけではないが、

将来、自分がなりたい像に対してもっと別の職場にいた方が自分の成長につながる。

といった理由です。

これは今の職場を辞める理由があるのではなく、

新しい職場にいく理由を持っているということです。

 

ネガティブな理由で転職をする人ほど、志望動機に困る

私が転職する時に困ったことは、ネガティブな転職だと、

志望動機が見つからないということです。

ネガティブな転職の場合、今の職場を辞めることが目的ですから、

転職先がどんな業種で、どんな業務かなど、

それほどこだわりがない状態で転職してしまいます。

 

そうすると、どうしても志望動機が見つからないのです。

面接で、「君はなぜうちの会社に入ろうと思ったのかね?」と聞かれた時に、

でっち上げで会社に貢献できる理由は話せても、

その会社を通して自分がどうなりたいかを話すことができないので、

バンバン不採用をもらうわけですね。

 

採用する側も大切な人材が欲しいので、

でっち上げの志望動機を見抜いて、不採用としてしまうのです。

そうやって面接を繰り返していると、

社員を利用することしか考えていないような真っ黒な会社しか自分を採用してくれなくなります。

だから、ネガティブな理由で転職することは恐ろしいのです。

 

ポジティブな動機を持っている人は、会社を良い意味で利用する

ポジティブな動機を持っている人は、会社を良い意味で利用します。

つまり会社を使って、なりたい自分になるための土台として使うのです。

会社側としても、そちらの方がモチベーションが高い人が多いので、

そういった会社を良い意味で利用する人を採用するわけです。

 

僕も昔、不採用を受けた面接官に直接言われたことがあります。

「君がこの会社に何が出来るのかは理解できた。

でも、君がこの会社を通してどんな風に成長して、どんな人物になりたいかが全然見えないんだよ」

 

この面接官は、僕がでっち上げで志望動機を考えて面接に来たことに気づいていたのでしょう。

 

でも、どうしてもポジティブな動機が見つからない

そうは言っても、どうしてもポジティブな動機が見つからない人はいます。

そういった方は、いま目の前に起きている問題に一杯一杯で、

将来、自分がどうなっていきたいのか想像できないのです。

人は同時にポジティブとネガティブな感情を感じることができません。

目の前のネガティブ感情を抱いてしまう問題を抱えたまま、

ポジティブな感情を抱くことはできないのです。

 

つまり、真っ先に解決しなければいけないことは、

ネガティブな感情を抱えている問題を現職にいたまま解決することなのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以前、僕がジョブホッパーということもあり、このような内容でお届けさせていただきました。

現職にいたままネガティブな問題を解決するって、そんなことが可能なのかという

ご質問をいただくことがありますが、可能です。

 

その問題の解決方法についてはまた今度お話しさせていただこうと思います。

 

転職で、望む人生を手に入れる人が一人でも増えますように!!!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 転職 , , , ,