コミットメントしたものは絶対に実現する

   

おはようございます!コーチの皆川です。

今回のテーマは、コミットメントしたものは絶対に実現する

です。

 

コミットメントとは、直訳すると『責任をもった約束』を意味しますが、

コーチの業界では、コミットメントはどちらかというと『決断』を意味します。

決断とは、よく「決めて断つこと」と言われることがありますが、

この「断つ」ということに重要な意味があります。

 

決めたあとに何を断つかというと、”それ以外の可能性”です。

「やる」と決断した後には、「やれない」「やらない」という選択を断つ

という基準になります。

 

「やる」と決断した後は、「やる」以外に意識が向くことがないので、

「やらない」「やれない」ということすら考えなくなります。

 

「やる」と決断した後は、「やる」以外に無意識が向くことがありません。

意識は「やる」と思っていても、無意識の中では「どうせダメなんだろうな」

とか、「自分にはできないだろうな」という癖を持っていると、

決断できていない状態になり、実現しません。
(無意識と意識を統一する方法として、コーチングは有効です)

 

あなたは電車の中で用を足したい時に、その場で漏らしますか?

その時に、あなたは「必ずトイレまで到達する」と決断すると思います。

 

「どうしても我慢できなかったら、ここでしてもいいや」

なんてことは考えないし、そんなイメージを持つこともありません。

そんな選択は鼻から捨てるし、意識も無意識もトイレに到達することだけに

レーザーフォーカスするはずです。

 

僕は今年、コミットメントの凄さを初めて実感しました。

「無理かもしれない」と最初に思っていたことを

コミットメントすることによって実現することができました。

 

だから、自己啓発としての理屈ではなく、実体験としてお伝えできます。

 

コミットメントはスキルです。

スキルとは、”誰にでも身につけることができる”という特徴があります。

 

それと同時に知識と知恵、何より場数(練習)が必要です。

コミットメントは何度も何度もやることで、

そのスキルを上げることができます。

やればやるほど実現しやすくなるということですね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - やりたいこと探し, メンタルケア, 人生, 仕事のスキル, 感情