決断力を上げる方法

   

おはようございます!コーチの皆川です。

 

先日、ある方のご紹介で長年営業の経験をされている方に、

 

インタビューを行いました。

 

現場の生々しい話をたくさん教えていただきました。

 

生々しすぎて笑いが止まりませんでした。

 

僕が知っている売れている営業職の方は、

 

良い感じに力が抜けているというか、

 

良い意味でおとぼけ感満載です。

 

このインタビュー内容は、

 

いまやっている新卒営業マンの研修で

 

彼らにシェアしようと思っています。

 

 

今回のテーマは、決断力を上げる方法です。

 

決断力は筋トレに似てます。

 

 

トレーニングをしても筋肉は一晩で付くことはありません。

 

来る日も来る日もトレーニングをして、

 

少しずつ筋肉が大きくなっていきます。

 

決断力も同じで、急に決断力がつくということはありません。

 

日頃から決断のトレーニングを行うことによって

 

決断の力が上がっていきます。

 

そして、決断をサボっていると、

 

筋肉と同じくどんどん劣化していきます。

 

 

トレーニングをして、負荷をかけていくと筋肉痛が起こりますが、

 

決断のトレーニングも必ず筋肉痛を起こします。

 

それが失敗の痛みです。

 

そういった失敗の痛みを経験しながら、

 

決断力はどんどんと増していきます。

 

 

ただ、その失敗の痛みが大きすぎると、

 

怪我をしてしまいます。

 

なので決断をする時は、

 

日頃から失敗してもよい痛みの小さい決断をしながら、

 

数を増やしてていくことがポイントになります。

 

 

例えば、人と待ち合わせをする際の場所や日時の決定、

 

時間の使い方や、人がやりたいくない仕事を自ら引き受けるなど。

 

決断力を身に付ければ付けるほど、

 

よりよい決断ができるようになっていきます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 人生