食べるスピードが早い男とゆっくりな女(パートナー編)

   

おはようございます!コーチの皆川です。

 

今回は前回の【食べるスピードが早い男とゆっくりな女】の

 

応用編です。

 

 

応用編は、”パートナー間の恋愛”と”男女別の仕事で使える考え”を

 

お伝えします。

 

今回はパートナー間の恋愛だけ。

 

バックナンバーはこちらから
【食べるスピードが早い男とゆっくりな女】

食べるスピードが早い男とゆっくりな女

 

さて、”終える”ことに満足感を覚える傾向がある男性と、

 

その”プロセス”に満足感を覚える傾向がある女性という話でした。

 

このことをお互いに理解しておけば、

 

恋愛におけるパートナー間の摩擦が少なくなります。

 

例えば、男性は女性がプロセスを楽しんでいる時に

 

邪魔しないことを意識することで、摩擦が減ります。

 

 

例えば、

 

一緒に出かける際に、女性が洋服選びで時間がかかったり、

 

身支度をしながら、

 

「あれ必要かな?」「これ必要かな?」

 

と色々迷ったりすることは

 

男性にとっては無駄に見えるかもしれません。

 

 

しかし、それは外出するまでのプロセスを楽しんでいるのです。

 

そっと見守ったり、プロセスを楽しむことを手伝ったりすると

 

喜ばれるかもしれません。

 

 

一方、女性は一緒に外出している時に、

 

いろんな情報に目移りしたり、お店に目移りするかもしれません。

 

その時に、男性を連れ回して気になるお店に入ったり、

 

目にする情報について自分の考えを男性に浴びせるように

 

話したりするかもしれません。

 

 

しかし、外出しているときは男性は外出の目的地に到着することや

 

デートの終わりのことばかりを意識しています。

 

つまり、女性に連れ回されている内は、

 

男性は『女性に合わせている』という認識が少なからず

 

持っている場合があります。

 

 

女性からしたら普通に一緒に出かけているだけなのですが、

 

そんなときは一言、

 

感謝を伝えると

 

男性は嬉しいです。

 

 

女性より男性はプロセスに満足するということが苦手なので

 

外出中、つまらなそうな素振りを見せることがあるの[[m_teikei]]ですが、

 

それは決して、女性と一緒にいることがつまらないのではなく、

 

プロセスを楽しむことが女性よりは苦手というだけなので、

 

落ち込んだり、ネガティブな気持ちになる必要はありません。

 

 

次回は実践的に使える仕事編です。

 

男女別の従業員をやる気にさせる方法や、

 

個人事業主で自分をモチベーションアップさせる方法を

 

お伝えします。

 

 

皆川裕樹

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 人間関係