食べるスピードが早い男とゆっくりな女(仕事編)

   

おはようございます!コーチの皆川です。

 

いつの間にか3週に渡ってしまいましたが、

 

男性は”終える”ということに満足感を覚え、

 

女性はそれまでの”プロセス”に満足感を覚える

 

ということをお伝えしてきました。

 

バックナンバーはこちら

・食べるスピードが早い男とゆっくりな女

食べるスピードが早い男とゆっくりな女


・食べるスピードが早い男とゆっくりな女(パートナー編)

食べるスピードが早い男とゆっくりな女(パートナー編)

 

今回はその法則を仕事に活かす方法です。

 

 

男性の場合、会社員であれば会社から何も言われていなくても、

 

最低限ここまでやったら、今日の業務は終了する

 

という目標やマイルストーンを設定しておきます。

 

 

そうすると、1日の仕事を終えるという点に

 

焦点が当たるので、仕事を終えた時の満足度が高くなります。

 

これは事業主の方も一緒です。

 

 

一方、女性は仕事においても、やるべきことをやりながら

 

自由気ままに過ごすことです。

 

 

デスクワークであれば、メモにちょっとした絵を描いて渡すとか、

 

自分が好きな小物を揃えてデスクに並べたり、

 

そういった”遊び”を入れながら仕事をして過ごすと、

 

業務への満足度が高くなります。

 

 

逆に従業員のやる気を上げたいということであれば、

 

こういったことを提供すれば業務への満足度も高くなる

 

ということもあります。

 

 

従業員の満足度が上げることは、会社の生産性を上げることにも

 

つながります。

 

 

ぜひ、いろいろな場面で試していただければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 人間関係