寒い時期のカンタン感情管理法

   

おはようございます!コーチの皆川です。

 

最近寒くなってきましたね。

 

うちは、ウルトラライトダウンを解禁しました。

 

 

これ知ってます?ユニクロの製品なんですけど、

 

めちゃめちゃあったかいんですよ!

 

自分のお気に入りの点は、ダウンなのに

 

インナーになるところです。

 

それぐらい薄くて、軽いんです。

 

 

タイトなサイズを着れば、

 

スーツのジャケットのインナーにもなります。

 

 

と、完全にユニクロの回し者になってしまいました(笑)

 

やっぱり良いものは口コミしたくなっちゃいますね。

 

 

今回は、寒い時期のカンタン感情管理法です。

 

毎年、このぐらいの時期になると、

 

夕方ぐらいに駅前で大声で喧嘩しているオジサマ達を

 

たまに見ます。

 

 

そのオジサマ達を見て、

 

「きっと寒さでイライラしてるんだろうなぁ

 

自分も気をつけよう」

 

と、心に誓うことが多々あります(笑)

 

 

寒い時期でも、

 

心を穏やかに過ごすカンタンな方法があります。

 

それは、、

 

 

 

 

 

 

 

姿勢を正すことです。

 

 

 

コーチングの世界では、身体の動きや姿勢が、

 

感情に大きな影響を与えると言われています。

 

 

これは誰もが体感したことがあると思うのですが、

 

例えば、しばらく運動をすると

 

 

ナチュラルハイになることがあると思います。

 

 

これは運動をすることによって、酸素が身体に行き渡ったり

 

血流が良くなることによって、感情自体も変わるという

 

メカニズムです。

 

 

 

冬はどうしても、寒くて背中が丸まってしまったり、

 

肩をすくめてしまいます。

 

 

これは身体が緊張している姿勢を表しているので、

 

感情もそのまま緊張状態になってしまいます。

 

 

この姿勢が続くと、どうしても寒い時期はずっと

 

気が張り詰めるような状態が続いてしまうのです。

 

 

この姿勢を変えることで、

 

緊張状態をほぐすことができます。

 

 

とは言っても、わかっていながら寒い時は

 

姿勢が悪くなってしまうことは、多々あると思います。

 

 

そんな時は、建物などの暖かい空間に入った時に、

 

意識的に姿勢を正したり、

 

いつもより深く呼吸をすることでリラックスすることが

 

できます。

 

 

すぐに使える技なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ここからは余談ですが、

 

僕はこの姿勢と感情の話を聞いた時に、

 

とにかく自分の身体で実験しようと思いました。

 

 

もともと猫より猫背で、平均体温は35度台でしたが、

 

半年間、姿勢を正し続けた結果、、

 

 

なんと平熱が36度7分まで上がりました!

 

自分でもおったまげです!!

 

 

平熱が上がると、気持ち的にも余裕が出てきたり、

 

具合が悪くなる頻度が減ったりと、

 

身体的なストレスがだいぶ減りました。

 

 

今でも呼吸や姿勢は、ふとした時に意識しています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - メンタルケア