仕事をやめたい。今の職場を辞める前に必ず気にかけておきたいポイント

      2016/08/05

こんにちわ!

コーチの皆川です。

今の仕事が辛くて辛くて、どうしても辞めたい。

そんな人に向けて、今回は書こうと思います。

 

実際に皆川も、過去に転職は8回ぐらいやっています。

8回転職してきて、いま思うことは、

転職が必ずしも良いものではないということですね(笑)

僕は転職する前に、ただ今の仕事が嫌だったから転職をしたというスタンスだったので、

転職する前に、もう少し考えておけばよかったなと思いました。

 

仕事を辞めて転職するには、人生から逆算する

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、

将来、自分がどうなりたいか?から逆算して、仕事を辞めなければいけません。

 

しかし、「仕事を辞めたい」と言っている状態は、

明るい未来とか、そういったところに注力がいっているのではなく、

今、目の前で起きている問題に注力がいっています。

 

つまり、仕事をやめる理由がポジティブな理由ではなく、

ネガティブな理由なのですね。

もちろん、ネガティブな理由があっても全然問題はありません。

ただ、それだけで仕事をやめたり、転職をしたりすると、

のちに後悔することがほとんどです。

 

はじめにやらなければいけないのは、現職の問題を解決すること

もし、仕事をやめたい理由が現職での問題なのだとしたら、

現職にいたまま、それを解決できないかを考える必要があります。

僕のクライアントさんにも、上司との人間関係がうまくいかず、

転職を焦っていた人がいたのですが、

実際に、上司との人間関係を解決した結果、

腰を据えて、じっくり次の転職先を探すことによって、

適切なタイミングで、適切なやりたい仕事を手にいれた人がいます。

 

今の仕事の問題が、仕事を辞めることで解決するかと聞かれれば、そうではなく、

次の転職先でも全く同じ問題が起こる可能性があるということなのです。

これは、僕自身が何度も経験したことです。

 

だから、まずはじめに考えなければいけないことは、

現在の職場で、今の問題を解決できないかを考えることなのです。

 

次の仕事を探す時は、なるべく気持ちがフラットになっている状態で探す

転職を考える時は、自分の気持ちがなるべくフラットになっている時に探します。

気持ちがフラットの状態だと、将来、自分がどうなりたいか?を考えることができるので、

人生から逆算した転職先探しをすることができます。

 

人によっては、ネガティブな理由のまま、

転職どころか焦って起業をしてしまう人もいますが、

そういった方は、必ずと言っていいほど失敗します。

 

仕事を辞める時に、後ろめたさを感じずにやめる方法

先ほど書いたような、ネガティブな理由で仕事を辞める時は、

どうしても後ろめたさを感じてしまう人が多いです。

それは、現職の問題から逃げているような気がしてしまうからです。

 

しかし、将来のキャリアを考えて転職するのであれば、

堂々とその理由を会社に伝えることもできます。

ネガティブな理由で仕事を辞めることは簡単ですが、

それによって、自分の経歴に傷が付くことは確かです。

 

辞めるにも会社に対してではなく、

自分に正々堂々と向き合える理由を用意した方が、

仕事の辞めがいがあるといことです。

 

起業したい時は、現職のまま週末起業で小さくビジネスを始めるのがオススメ

もし、将来的に起業を始めたいのであれば、

現職に就いたまま週末起業か、起業準備をすることがオススメです。

仕事をやめて、急に起業すると、収入がパタっと止んでしまうため、

どうしても焦りの感情が生まれてしまうからです。

 

この焦りの感情は、自分のビジネスにも大きく影響が出てしまい、

サービスがずさんになったり、お客さんに迷惑がかかってしまうことも多々あります。

なので、収入という面で自分が安定して生活できる環境を用意して、

その状態からコツコツと作り上げることで、起業を成功させることができるのです。

 

まとめ

今回は、仕事をとにかく辞めたい人への記事を書きました。

今の問題を解決するために、それを現職にすることは簡単かもしれませんが、

問題に注力するのではなく、将来の自分に注力することが大切だということをお伝えしたかったです。

 

一人でも自分がやりたい仕事ややりがいのある仕事を手にいれて、

生きがいのある人生を送る人が増えてくれればいいなと思っています。

これからも応援しています!!!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - やりたいこと探し, 転職 , ,