起業アイデアの出し方!未経験でも好きなこと×稼げるビジネスを作る裏技!

      2016/08/05

こんにちわ!

コーチの皆川です。

好きなことや、やりたいことで週末起業したいという方にとって、

最初の大きな疑問点は、

 

「本当に、好きなことで起業できるの?」です。

 

例えば、釣りが好きだからと言って、それをビジネスにするアイデアがわからない。

仮にアイデアが出来たとしても、

週末起業から独立したいという方にとっては、

きちんと生活できるようになる為の収益を生むビジネスモデルでないと、

いくら好きなことでも、売上に繋がらずにモチベーションが下がっていってしまいます。

 

今回は、そういったお悩みの方に、

好きなことで週末起業かつ、

きちんと収益化したビジネスにする裏技をお伝えします。

 

起業アイデアを考える上で一番大切なポイントは原則を知ること

ビジネスにおける原則は、スポーツの世界で言えば、ルールを知ることです。

バスケでは足を使ったら反則ですが、サッカーでは手を使ったら反則です。

間違って自分のゴールに入れればオウンゴールとなって、相手の得点になってしまいます。

ちなみに僕は、サッカーのオフサイドのルールが理解できずに体育の授業で苦労した経験があります。

このように、あらかじめルールを知らないまま試合に参加することは出来ますが、

何度も試合に参加しながらも、きちんとルールを学んでいかなければいけません。

 

どんなにオーバーヘッドシュートを練習しても、

どんなにダンクシュートを練習しても、

試合で勝たなければ意味がありません。

ビジネスでの試合に勝つという意味は、収益を上げるということです。

 

一番大切な原則は、価値を提供してお金をいただく

どのビジネスも共通して言えることは、価値を提供してお金をいただく

という原則から考えて、起業アイデアを練っていくというものです。

価値というものは、実は目に見えないものであることが多いです。

お客さんは、商品にお金を払っているのではなく、

その商品にくっついている価値にお金を払っています。

 

例えば、寒い日の缶コーヒーをイメージしてください。

側から見ると、缶コーヒーにお金を払っているように見えますが、

実際は「仕事の合間のホッとする瞬間」にお金を払っているのかもしれません。

 

他にも夫婦茶碗を買う奥様は、ただご飯を盛る器が欲しいのではなく、

「円満な夫婦関係の形」にお金を払っているのかもしれません。

 

このように、商品を売ろうとするのではなく、

価値を提供するということを意識すると、

起業アイデアは収益化しやすいものになります。

 

好きなことで週末起業しても稼げないと思ってしまう理由

先ほど、2つ商品と価値の関係性の例を挙げましたが、

一般的なビジネスというものは、商品と価値が同じライン上に存在します。

 

だから、好きなことをビジネスにすると考えると、

起業アイデアを練り出す時に行き詰まってしまうのです。

 

大好きな釣りをすることを、どうやってビジネスにできるのか?

車が大好きだけど、それでどうやってビジネスになるの?

 

これは大好きなことがどう商品になって、どう価値を提供できるのかが

わからないか、そもそもお客さんにとってお金を払うというまでの価値にならない

ということが分かっているから、稼げないと思ってしまうんですね。

 

いよいよ裏技公開!価値と収益化をズラすという起業アイデア

一般的にイメージされるビジネスの収益化のモデルは、

上で書いたように、価値と収益が同じライン上にあります。

 

つまり、この価値と収益のラインを別々にすれば、

好きなことで稼げる起業アイデアを生むことができるのです。

 

例えば、日本のスタバで売っているのはコーヒーですが、

スタバに来るお客さんはコーヒーにある価値が欲しくて来るのでしょうか?

実際にお客さんが求めているものは、あのオシャレな空間を味わいたいからです。

 

例えば、美容室では髪を切ってもらいますが、

女性のお客さんは、美容室で仲良くなった担当の人とおしゃべりをする為に

頻繁に通う方もいます。

 

例えば、メイド喫茶では、特別美味しいとは言えないコーヒーや

ケーキが出てきますが、

実際にお客さんが求めているのは、メイドさんと一緒に唱える

「おいしくな〜れ♡萌え萌えキュン♡」だったりします。

 

これは全て、商品にお金を提供しているけど、

商品とは全く別のところで価値を生み出しているという

ビジネスになります。

 

つまり、価値と収益が同じライン上に無いということです。

 

既存のビジネスモデルはわかったけど、うちらみたいな週末起業家に特化できる起業アイデアってないの?

例えば、車が大好きな人。

車のことならパーツや車種、ドライブコースなんかは誰にも負けないぜ!

という方がいるとします。

その知識を使って収益を上げるというのは、

個人で車の販売代理店か、修理屋をやるしかありません。

 

しかし、例えば持ち前の豊富な車の知識をたくさん書いたブログを立ち上げるとします。

そのブログにアクセスする人たちは、車好きや車の購入を考えている人たちです。

そして、ドライブの写真を載せたり自分の愛車の写真を載せている自分に、

アクセスする人はだんだん親近感を持ってくれます。

 

そして、その大好きな車のことを書いたブログに

車の保険見積もりのアフェリエイトリンクを貼っておくのです。

 

アフェリエイトとは、インターネットを使った広告収入のことで、

見に来てくれた人が、自分経由のブログでその広告をクリックしたり、

広告のサイトから商品を買うと、自分に広告費が入ってくるという仕組みです。

 

または、アクセスがある程度集まったブログで、

「ただの車好きが集まってワイワイやる飲み会」みたいなものを定期的に開いて、

そこでリアルでたくさんの車好きの人と仲良くなる。

 

自分は予め、保険の代理店として登録しておけば、

その中で車を買い替えようとしている人や、

いま加入している保険に対して疑問を持っている人がいれば、

その人が今よりも得になる保険を紹介する

ということもできます。

 

ここで自分が提供している価値は、

車の知識、ドライブコース、自分という人間性、コミュニティで他の車好きの仲間ができる。など

 

に対して、収益化するポイントは、

車の保険

 

という価値と収益化のラインが別に存在します。

ちなみに、収益化するものは保険じゃなくてもいいですよ。

収益化する商品は、お客さんがお金を出しやすいものがいいですね。

ポイントは、ラインをズラすという点ですね。

 

まとめ

好きなことをビジネスにするという点で、

行き詰まってしまう方が多いので、今回のような記事を書きました。

 

「好きなものだったら、2日間寝ずに語れる!!」

と言えるようなものを持っている人は、

それだけでも他の人が真似できない”価値”があるのです。

つまり、それが好き=それは才能なのです。

 

ぜひ、その才能は最大限に生かして、

現実的に『好きなことで起業』を果たしてほしいのです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - やりたいこと探し, 起業 , , ,