ちょっと待って!お金を増やす前にものすごく簡単に貯蓄する9つの方法

   

こんにちわ!

いま、カフェでブログ書いている最中のコーチ皆川です。

 

僕はよく近所のカフェに行って、パソコン作業するのですが、ダントツに作業しやすいのはルノアールですね。
ドトールとか、エクセルシオールとか落ち着きますけど、またにエスプレッソの「ブーン!!!シュワシュワシュワー!!」っていう音にびっくりします。

 

と言いながら、今はドトールで仕事してますが(笑)

 

ちなみに、この記事は面倒くさがりでも出来る!らくらくお金を貯める10の習慣の続編のような記事です。
もし、こちらを読んでいない方がいたら、こっちから読むと考え方から身につけることができるので、参考にしてみてくださいね。

 

お金を増やす能力は将来的に必要だけど、出費を抑える方がはるかに簡単で貯蓄もできる

前回の面倒くさがりでも出来る!らくらくお金を貯める10の習慣でもご紹介した内容なのですが、お金を増やすよりも出費を抑える方がはるかに簡単で、すぐにできます。

 

そして、収入が増えるからと言って、貯蓄ができるというわけではありません。
なので、僕のオススメとしては出費を抑える知識を身につけたあと、コツコツと収入を増やす方法を身につけていった方がいいです。

 

世の中は面白いもので、出費を抑える方法はほとんど出回ってないのに、収入を増やす方法はたくさんあるんですよね。
それは金融投資のような株や不動産投資も同様です。

それは、収入を増やす方法の方が出費を減らす方法より派手で目立つし、ロールモデルのような人のイメージがあるからなんです。お金持ちみたいな。

 

でも、実際は出資を減らす方が貯蓄をするには最短ルートです。
僕もいつも楽しく出費を抑える新しい方法を模索しています。

 

誰でもできる超かんたんに出費を減らす方法

ここから具体的な誰でもできる超カンタンに出費を減らす方法をご紹介します。
ぜひ、バリバリ実行に移していってくださいね。

 

出費に対するルールを作る

出費に対するルールというのは、家計を管理するときに、どのカテゴリーをどれだけ使うかという自分に対するルールです。
例えば、代表的なものは”お小遣い”ですよね。
他にも食費、、月の交際費、自己投資へのお金など。

 

こういったお金のルールを明確にすると、そのルールに従うだけなので毎月の貯蓄が楽にできるようになります。
ルールを作るときの注意点としては、我慢ではなく、必要なお金の額を設定することです。

 

我慢し続けなければいけないルールは、やる気を失うし、何より継続することができません。
せっかくルール作ったのに、継続できなかったら本末転倒なので自分にとって最適な金額で設定してみてください。

 

外食を減らす

パソコンかじるE_160128_cs2 2

外食をするということは、その食事以外にも色々なものにお金がかかっています。
例えば、あなたにサービスを行うスタッフの人件費、その場所代(テナントの家賃など)、光熱費など。

 

自炊がなかなかできないのは、メニューを考えることが面倒だったり、作るのが時間かかったりなど人によって理由はあると思いますが、週に何日かだけでも外食を自炊に切り替えるだけで、だいぶ出費は抑えることができます。

と言いながら、僕も妻がいない一人の時は外食になりがちで、人のこと言えないですが(汗)

 

保険を見直す

日本は世界有数の保険大国です。
一人でいくつも生命保険に入ったり、種類もたくさんあります。

実際は、もっと料金が安くてサービスも良い保険が海外にはたくさんあります。

 

本当に今の自分の保険は必要な物なのか?自分にとって、良い保険なのかを見直してみましょう。

 

それと僕がオススメするのは、確定拠出年金です。
これは、金融機関にとってはあまりメリットがないため、大々的に紹介していないらしいのですが、所得控除と住民税の減税にも繋がり、サラリーマンとしても節税することができます。

 

注意点としては、積み立てた分は60歳まで引き落とせないという点です。
ただ、それは国民年金と一緒なので、あまり気にする必要はないと思います。

 

賃貸に住んでいる場合は、家賃を減らす

一般的なサラリーマンが毎月、一番の出費が出るのは家賃や家のローンではないでしょうか。
家賃を減らすには、引越の際の契約時で家賃を値切るか、家の更新の際に値切る方法が良いです。

 

言い方としては「家賃を更新したい」とか、「この家に住みたい」ということを先に伝え、その後で「仕事の収入の関係で、どうしても今の家賃を払うことができないから、安くして欲しい」と、交渉してみることです。

あくまでも、家にケチをつけて値切るのではなく、”住みたい”という想いをきちんと伝えましょう。

 

カードを使う時は、アプリやネットでこまめに明細を確認する

card

カードを使う時は、必ずいつも明細を確認できるようにすることが大切です。
なぜなら、明細が見えないと現在自分が使いすぎているのかどうかがわからないからです。

まずは、自分のクレジットカードでアプリなどで明細が見れるかどうか確認してみましょう。

 

もし、JCBをお使いであれば、MyJCB、楽天カードなら楽天カードアプリなどで、いつでもスマホから明細を確認することができます。
これが習慣になると、一回アプリで現在の明細を確認しないとムズムズしてカードが使えなくなってしまいます。

 

交際費を使う時は、自分に必要なものだけにする

自分に必要な交際費というのは、自分にとって必要な人たちと一緒にいる時間にお金を使うという意味です。
例えば、腹を割って話せる友達、愛する家族、仕事に有効な人脈の人たちとの飲み会、セミナーの懇親会などもそうですね。

 

例えば、誘われて参加した飲みで、ただひたすらグチだけを聞くだけの飲みだったりとか、人数合わせで誘われただけの合コンなどは、あなたにとってあまり意味のない交際費かもしれません。

人を選ぶわけではありませんが、やっぱりお金は大事なので、せっかく使うなら自分にとって有意義になる交際費を使いましょう。

 

通信費を減らす

通信費とはインターネット料金やスマホの料金のことを指しています。

インターネットであれば、有線でやる方がいいのか無線でWifiを契約した方がいいのか。
スマホであれば、MVNOでフリーSIMとして契約をした方がいいかもしれません。

 

僕の友人もキャリアのスマホからMVNOに変えて、月々4000円ぐらい特したと言っていました。僕はiPhoneユーザーですが、次回はフリーSIMでiPhoneにしようと考えています。

 

割引券を利用する

割引券というと、チラシに入っているクーポンなどを連想するかもしれませんが、株主優待券等も含めた割引券のことを指します。

ヤフオクで株主優待券を手にいれることができることをご存知ですか?

→ヤフオクで株主優待券を検索!

 

例えばスーツでしたら、AOKIやオリヒカで使える20%オフの株主優待券が500円ぐらいで売られていますし、通勤で電車で定期を使っているようであれば、”株主優待証”と検索すると、路線ごとの株主優待証が出てきます。

株主優待証は、その路線であれば期間内は乗り放題なので、定期代より安く住む場合はヤフオクで落札すると、ずっとお得に交通機関を利用することができます。

 

このように割引券や株主優待券を使うことによって、買い物自体を割引で利用することができてしまいます。

 

 

ふるさと納税する

ふるさと納税は有名ですが、これが節税対策になるということはご存知ですか?

ふるさと納税は寄付という扱いになるので、寄附金控除が適応になります。
具体的に言うと、寄付金から2000円を差し引いた金額に対して、税額が控除される仕組みになります。

しかも、ふるさと納税はクレジットカードを使うこともできるので、ポイントを上手に貯めれば、マイルを貯めたり、お買い物に使えるポイントを貯めることができます。

 

このように、上手に支払い方法などを工夫することによって貯金額は貯めやすくすることができるようになります。

 

 

収入を増やす3つの方法

今までは、出費を減らす方法について色々とご紹介してきました。
なぜここまで出費を減らす方法ばかりご紹介してきたかと言うと、収入を増やすよりも、出費を減らす方がはるかに簡単だからです。

 

出費を減らす知識を得て、それを行動に起こし続けるとキャッシュフローを見たり、支出を見る力を身につけることができます。
この力を身につけてから、収入を増やす努力をすると、いざ収入が上がった時にもキャッシュフローに振り回されずに貯蓄することができるようになります。

 

では、ここからは実際に収入を増やすための3つの方法についてご紹介しますね。

 

転職する

現職で収入に不満がある場合に、真っ先に考えるのがこの転職だと思います。
昇級を狙うという方法もありますが、ある程度大きな会社でないと、どれだけ会社に価値を提供して売り上げに貢献したとしても、限界があるということを薄々感じる方も多いのではないでしょうか。

 

でも転職するにしても、「実際に転職したところで年収って上がるの!?」というところが、めちゃめちゃ気になる人は多いと思います。

転職サイトのDODAによれば、転職で年収がアップした人は46%だそうです。
これを見て、あなたはどう思いましたか?僕は少ないと思いました。

 

僕も何度か転職をしているでわかるのですが、転職活動って結構大変です。僕は年収に不満があったわけではなく、当時は人間関係に悩んでいたり、仕事内容に悩んでいて転職したのですが、これが給料への不満で転職して、結局年収が上がらないってことになったら、結構切ないです。

 

なので、転職で収入を上げるなら今の会社で転職のための資格を取得するとか、転職に有利になるために自分の能力やスキルを身につけるなどの、価値を上げるということをやってから転職した方がいいかもしれません。

 

副業する

今は、大手企業でも副業を認める企業が増えてきました。
ロート製薬、リクルート、Yahoo!、Googleなど。副業を認める企業は最近急激に増えてきました。

 

また、副業を認めると大々的に社員に言わなくても副業をしてもいい会社もたくさんあります。
就業規則を見て、副業を禁止していなかったら副業OKの場合も多いので、一度会社に確認するのもいいですね。

 

副業には2種類あって、ひとつはアルバイトなどの雇用される仕事をすること。
もうひとつはビジネスを持つことです。

 

すぐに収入を得たい場合はアルバイトの方がお金をもらえますが、デメリットとして自分の時間がなくなるという点があげられます。

逆にビジネスを持つ場合は、自分の好きな時間に好きなだけ取り組むことができますが、サラリーマン感覚のように働いた分だけすぐにお金が貰えると思っていると、なかなか収入を得ることができない場合が多いです。

 

ビジネスでお金を得るというのは、ある種の仕組み作りなので、収入が定期的に入ってくるようになるまでは色々なことを学ぶ必要がありますし、時間がかかるのです。

 

今まで散々、ビジネスを失敗して挫折してきた人を見てきましたが、これが副業でビジネスがうまくいかない人のパターンです。

 

ただ、コツコツと続けながら試行錯誤を繰り返していけば、必ず収入を得ることができるようになるので、ぜひ副業に挑戦する人は、諦めないで続けていただきたいです。

 

起業する

起業を目指す人は多いですが、その中でも収入を上げたいという理由で始める人も多いと思います。
僕は、以前コワーキングスペースという個人事業主が集まるシェアオフィスにいたのですが、そこにスタートアップという起業を計画している最中の人がたくさんいました。

それぞれ独自のアイディアを持っていて、話を聞いている分では面白いのですが、スタートアップでの失敗率は93パーセントと言われています。

 

つまり、ほとんどのスタートアップが起業に失敗して、サラリーマンに戻るということなんです。
それだけ起業というのは、ある程度の考え方と、起業に必要な人脈や知識、能力やお客さんを持っていないと、失敗するということなんです。

 

なので、起業をしたいのであれば、僕のおすすめは会社員の時に副業として自分のビジネスを始めて、その中で能力や知識やお客さんを持った上で、起業するという方法がいいと思います。

 

やっぱり1次的でも収入がなくなるというのは、精神的にも不安定になりやすいので、サラリーマンとしてしっかりとした安定の収入を得ながら起業の準備をした方が、リスクを抑えたまま独立することができるようになります。

ぜひ、一度考えて見てください。

 

まとめ

いかがでしたか?貯蓄するために出資を削る方法をご紹介してきましたが、使えそうなものはありましたか?
ぜひ、収入を増やす方法を模索しながら、毎日の生活に役立てていただけたら嬉しいです!

 

応援しています!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - お金