リーダーの素質とは?

   

おはようございます!コーチの皆川です。

 

今回のテーマは、リーダーの素質とは?です。

 

リーダーというと、

 

会社の組織を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、

 

人間関係すべてにリーダーシップが必要だと僕は考えます。

 

例えば、夫婦、親子、ビジネスパートナー、友人、

 

全ての関係で、

 

リーダーと呼べる立場にいる方はいるのではないでしょうか。

 

 

リーダーの定義は人それぞれで良いと僕は思っていますが、

 

リーダーにはある素質が必要だと思っています。

 

心理学やマーケティングに精通した人の間では有名な話ですが、

 

 

人が行動する理由は大きく分けて

 

2つしかないと言われています。

 

 

ひとつは、『感情的な痛みを避ける』

 

もうひとつは、『感情的な快楽を求める』です。

 

”感情的な”とつけたのは、人によって同じ出来事が起きたとしても

 

それが、痛みなのか快楽なのかは、それぞれ違うからです。

 

 

例えば、あなたは怒られるのが好きですか?

 

この前お会いした経営者の方がこんなことを言っていました。

 

『経営者になると自分を怒っている人がいないから、

 

私は怒られたいと思っているんだよ』

 

少し簡略化していますが、この方は怒られることが

 

快楽と思っています。

 

 

しかし、怒られることが嫌な方はたくさんいらっしゃいます。

 

これが、人によって同じ出来事が起きたとしても

 

感情的には”痛みと快楽が違う”ということを指します。

 

 

さて、話を戻して、これをリーダーの素質に当てはめるとします。

 

リーダーの素質のひとつの要因として、

 

チームの一人一人の感情的な痛みと快楽を熟知している

 

と僕は考えます。

 

 

リーダーはチーム一人一人の良き理解者なんですね。

 

リーダーに忠誠心を抱く人は、

 

「リーダーといることに感情的に快感を感じる」

 

状態と言えます。

 

 

逆に忠誠心を抱けない時は、リーダーと一緒にいることに

 

感情的に痛みを感じるか、ほかの人といることの方が

 

快感を感じる状態です。

 

 

もし会社の組織でリーダーシップを発揮したい時は、

 

目標を課す、To doリストを課す、優しく接する、厳しく接する

 

それが、相手に対して”快楽”なのか”痛み”なのかを

 

把握して、快楽でうまく導いてあげると、

 

相手が『あなたと一緒に何かしたい!』と

 

思ってくれるようになります。

 

 

ぜひ、どんな人間関係であれ、

 

チームを盛り上げていって欲しいと思います。

 

皆川裕樹

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 人間関係