女性に”男らしさ”を試されるとき

   

おはようございます!コーチの皆川です。

 

今回のテーマは、女性に”男らしさ”を試されるときです。

 

パートナーがいる男性向けの内容です。

 

 

女性から見て、男らしさは何で測られると思いますか?

 

きっと、いろいろな要素があると思います。

 

その中でも、

 

必ずこれで男らしさを測られるというものがあります。

 

それが、『うつわ』です。

 

 

男性に対して『男の器』という言葉は日常的に使いますが、

 

女性に対して、器という言葉は使うことは

 

あまりないのではないでしょうか。

 

 

それだけ、『器』というものは男性を象徴している言葉

 

と言うことができます。

 

では、結局『器』とは何なのか?

 

 

器とは男性が持つ安定感のことです。

 

安定感とは、

 

女性が男性に対して感じる男性特有の

 

”安心感”のことです。

 

 

女性は基本的に自由気ままでいたい

 

と思っていることが多いのですが、

 

この安心感が大きければ大きいほど、

 

 

その自由気ままを手に入れることができます。

 

つまり、”自由気まま”は、安定感の上に成り立つ

 

ということが言えます。

 

 

自由気ままというのは、やりたいことをやりたいようにやれるという他に、

 

女性が放つ感情(ネガからポジまで)の表現などのことも指します。

 

男性の安定感次第で、

 

そのやりたいことや感情を、

 

女性がどれだけ表現できるかが

 

決まるわけです。

 

 

まさに器が大きければ大きいほど、

 

その器の上に好きなものをたくさん乗せることができる。

 

そんなイメージです。

 

 

男性のこの安定感は、

 

男性自身の自信と深く関係しています。

 

自信と安定感の話は長くなるので、

 

また別の機会にお話しするとして、

 

男性はパートナーに、

 

度々この器を試される時があります。

 

その内の代表的なものが、

 

ワガママです。

 

 

女性がワガママを言っている時は、

 

男性の器を試している時、

 

そして、『自分は本当に愛されているか?』を試している

 

ケースが多いです。

 

 

なので、ワガママを言ってる時は

 

ワガママを通したいわけではなく、

 

男性がどれだけ聞いてくれるかを

 

試しているだけの時もあります。
(通したい時もあります)

 

 

ただ、一般的にはワガママに対してあまり良いイメージがないので、

 

男性は女性のワガママをド正論で、打ちのめしてしまうことが多いです。

 

 

あまりにド正論でワガママを打ちのめされ続けると、

 

女性は、愛されているという実感がわかない、

 

そして安心を得られません。

 

 

その結果として不安が

 

どんどん溜まってきます。

 

 

のちにそれが怒りとして爆発して、

 

喧嘩につながるなんてケースもよくあります。

 

 

パートナーにワガママを言われた時は

 

「あぁ、安心したいんだな」

 

と思うと、ワガママに対して寛容になることが出来ます。

 

 

そして、安心するような言葉をかけたり、

 

安心するようなアクションを起こすと、

 

パートナーも落ち着くことができます。

 

ぜひぜひ、試してみてください。

 

 

あなたの今日が、もっともっと良い1日になりますように。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 人間関係