モチベーションが下がると起業できる理由

   

おはようございます!コーチの皆川です。

 

近々、『営業職向けの売上を上げるためのお茶会』を開催します。

 

準備ができたら、改めてお知らせしようと思います。

 

 

今回のテーマは、

 

モチベーションが下がると起業できる理由です。

 

以前コーチングをしたクライアントさんで

 

コーチング後3ヶ月で独立起業した方がいます。

 

 

詳しい内容は言えませんが、

 

彼とのセッションの中で僕が気づいたことは、

 

「会社を辞めたい」というモチベーションが高いから

 

独立起業できないということでした。

 

 

彼は会社を辞めたいという不満を抱きながら、

 

空いている時間に起業準備を進めようとしても、

 

進まないという悩みがありました。

 

 

起業を目指す人には、大きく分けて2つの理由があります。

 

ひとつは「会社を辞めたい」という理由

 

もうひとつは「起業したい」という理由です。

 

 

この2つの理由は同じように見えて、

 

モチベーションという仕切りで見ると、

 

真逆の特性が働きます。

 

 

「会社を辞めたい」は”感情的な痛みから逃れたい”

 

「起業したい」は”感情的な快を得たい”です。

 

この2種類のモチベーションにはそれぞれ特徴があり、

 

”痛みを逃れたい”は、爆発的な瞬発力があるが持続性がない

 

”快を得たい”は、瞬発力はないがどこまでもいける継続力がある

 

となります。

 

 

イメージとしては、短距離走と長距離走の違いです。

 

ちなみに人は同時間に2つのモチベーションを

 

働かせることができないので、

 

必ずどちらかに偏ってしまいます。

 

 

起業して事業を回していくには、

 

仕組みを整えたり、キャッシュフローを作る必要があります。

 

それをゼロから作るにはある程度の時間がかかることが多いです。

 

つまり長距離走の走り方でないと、すぐにバテてしまいます。

 

 

独立起業で失敗する人の例として、

 

「会社を辞めたい」というモチベーションで先に会社を辞めたはいいが、

 

事業の準備ができていないくて、すぐに潰れてしまう

 

という例です。

 

 

その時のクライアントさんも、起業で失敗した人を知っていて

 

準備をきちんとしてから起業しようと思っていました。

 

 

僕がコーチングでやったことは、

 

その「会社を辞めたい」というモチベーションを下げること、

 

つまり、会社で感じている痛みを極限まで取り除くことでした。

 

そうするとことで、自動的に”快を求める”というモチベーションに

 

シフトし、短距離走の走り方から

 

長距離走の走り方に切り替えることができます。

 

 

ちなみに、痛みを取り除くことは

 

環境を全く変えずに、取り除くことが可能です。

 

 

その後、彼は3ヶ月で独立起業に成功しました。

 

今でも順調に事業を回されているということです。

 

起業を目指す時は、まず会社で感じている痛みを減らし、

 

焦りや不安などの感情を解消することで、

 

起業への準備をしっかりと進めていくことができるようになります。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 起業