「愛してる」と言って欲しい女。「愛してる」と言わない男

   

おはようございます!コーチの皆川です。

 

近々、強みを見つけるワークショップを開催します!

 

すでにビジネスをされている方でも、

 

新たなキャッシュポイントが見つかった!

 

と好評をいただいています。

 

興味のある方はこちら→
http://13-777-mc-8888.flier.jp/coaching/tsuyomi-3steps.pdf

 

 

今回は、「愛してる」と言って欲しい女、「愛してる」と言わない男です。

 

これを読んでいる女性の方は、こんな経験ありませんか?

 

今まで男友達だと思っていた男性に、

 

突然「付き合ってほしい」と言われ、

 

「・・・えっ!?・・・唐突すぎる」と思った。

 

 

また、これを読んでいる男性はこんな経験ありませんか?

 

いつも通り結婚生活を過ごしていたら、

 

奥様に突然、「ねぇ、私のこと本当に愛してる?」と聞かれて、

 

「・・・はい?・・・何をいまさら?」と思った。

 

なぜこんなことが起こると思いますか?

 

 

それは、、、

 

男性は感情を行動や結果で示そうとし、

 

女性は感情をコミュニケーションで示そうとする傾向があるからです。

 

”男は背中で語る”

 

という言葉を聞いたことがありますか?

 

例えば、結婚していたら男性は奥様のためにとても仕事をがんばります。

 

 

仕事をがんばるということが奥様に対しての愛を表現しているのです。

 

そして、会社員だったら昇給昇格、

 

事業主だったら売り上げを上げるなど、

 

実際の結果として、奥様に愛を表現しようとしています。

 

誰もが知っているような自己啓発書にも、

 

「最終的に男性は、女性を満足させるために成功したいものだ」

 

とも書いてあります。

 

なので、男性がお付き合いする前での意中の女性に好意を伝える時、

 

相手の行動を引き出そうとします。

 

つまり、デートに誘いたがるということです。

 

 

男性の思考の中では、

 

会ってくれる=自分に好意を持ってくれている

 

という認識になります。

 

つまり、女性が突然男性に告白されたと感じていても、

 

男性からしたら、何度もデートに誘って一緒に過ごしてくれた

 

という行動が、「相手も自分に好意を持ってくれている」

 

というすれ違いに繋がるのです。

 

 

一方、女性はコミュニケーションで相手の感情を確認します。

 

どんなに旦那さまが仕事を頑張っていて、

 

それが自分のためだとわかっていても

 

仕事に時間を費やしてばかりで放っておかれると、

 

自分は本当に愛されているのか?

 

と不安に感じてしまいます。

 

でも、そもそも男性にとって「結婚している」ということ事実は、

 

奥さまを「愛している」という感情の証明になるので、

 

あえて言葉で言う必要はないと思っています。

 

 

だから結婚している限り、

 

女性は安心して自分は愛されているということを

 

感じていただきたいです。

 

 

こういったことが夫婦、カップル、ビジネスパートナー間の

 

男性と女性のすれ違いや喧嘩、

 

信頼関係に影響を与えることもあります。

 

 

女性は男性の行動を見て、その気持ちを察するように、

 

男性は、言葉で女性に気持ちを伝える努力を

 

それぞれやってみてはいかがでしょうか。

 

 

あなたの毎日が今よりもさらに良くなりますように。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 人間関係