『好きなことを仕事にした方がいい』V.S『好きなことは仕事にしない方がいい』

      2016/08/15

こんにちわ!

コーチの皆川です。

好きなことを仕事にしたいという人はたくさんいますが、

そこに挑戦する人や好きなことを仕事にできる人は一握りって聞きませんか?

実際のところ、どうなのよ?ということで、

今回は好きなことは仕事になるのか!?ならないのか!?

ということについて、ご紹介していきます。

 

好きなことを仕事にする時の注意点

まず、好きなことを仕事にする時に注意点がいくつかあります。

好きなことがあるからと言って、安易に転職に走ったりすることは個人的にはあまり

オススメしていません。

先に注意点とは何なのかについて、ご紹介していきますね!

 

好きなことはどうして好きなのかを明確にしておくこと

好きなことを仕事にすることを考える前に、どうしてそれは好きなことなのかを一度掘り下げる必要があります。

人が行動する目的は、一次目的と二次目的というものが存在します。

 

まず、人は何かの感情を感じたいが為に行動を起こしています。

例えば、ドライブが趣味という人がいたとします。

 

車に乗って、どこかに行くということは、

冒険心をくすぐるのかもしれませんし、走っている時のスピード感で

高揚感を感じられるのかもしれません。

または、車を運転している自分が好きで、そんな自分をかっこいいと思っているのかもしれません。

 

つまり、ドライブをするということは、そういった感情を感じたいがために

ドライブが好きなのです。

 

これを先ほどの一次目的と二次目的にまとめると、

 

一次目的:高揚感、冒険心、自分をかっこいいと感じれること

二次目的:ドライブ

 

こんな感じで、どうしてその好きなことは好きなのか。

そして、その好きなことをやっている時は、どんな感情を感じるのかを明確にすると、

理由が見えてきます。

 

仕事は、需要があって初めて成り立つということを理解する

仕事というものは需要があって成り立つということは、

予想がつきますよね?

好きなことを仕事にできない人は、好きなこととしてやっていることが

世の中に需要がなくて仕事にならずに苦しむのです。

 

誰でも好きなことはひとつではないということを理解する

上の一次目的と二次目的の理論からすると、

人は必ずしも好きなことはひとつではないということがわかりますか?

 

例えば、先ほどのドライブが好きという人の場合、

一次目的の高揚感、冒険心、自分をかっこいいと思えることを感じられるようなものであれば、

例えドライブでなくても、好きになる可能性があるのです。

 

これを仕事というものに当てはめていくと、

例えドライブでなくても同じ感情を感じれるものであれば、

それを仕事にできれば、好きなことを仕事にしていることと同じになるのです。

 

好きなことをすることに喜びを感じるかではなく、好きなことで人が喜んでくれることに喜びを感じるかを基準にする

そして、その好きなことを仕事にするという点についての注意点は、

好きなことを仕事にした時に、好きなことを仕事にしていることで喜びを感じるのか、

好きなことで人が喜んでくれた時に喜びを感じるのかという点です。

 

人は他者に貢献した時に多くの幸福感を感じると言われています。

それは、”貢献をする”という行動が、多くの感情を満たしやすいからだと

言われているからです。

先ほどの一次目的の感情をより多く満たしやすいということですね。

 

なので、自分の好きなことで人の役に立っているかどうかということは、

とても重要なポイントになるのです。

 

好きなことを仕事にすると失敗するのか?

好きなことを仕事にして失敗した人はいます。

僕は以前webデザイナーになろうとしたことがありました。

友人のwebデザイナーからデザインソフトを教えてもらって、とても楽しかったからです。

 

デザインが好きだったし、それを仕事にできたら

とても楽しいだろうなぁと思っていたのですが、

デザイナーたちの労働実情を見た時に唖然としました。

 

繁忙期の時は労働時間が月300時間を超え、

社泊は当たり前。

そしてデザインも自分が好きなものを書けるわけではなく、

クライアントにオーダーされた、書きたくもないデザインを書かなければいけない

という現実を目の当たりにしたからです。

 

自分が好きなデザインを仕事にすると、失敗するというのは、

目に見えていました。

 

好きなことを仕事にして失敗するポイント

好きなことを仕事にする時に失敗するのは、

好きなことを仕事にすることは、好きなことだけやって生きて行くという

勘違いが起こるところから生まれます。

 

好きなことを仕事にしたからと言って、好きなことだけをするわけではありません。

いくらデザインが好きだからと言っても、

中小企業のお堅い何のデザイン性もない名刺を作ることもありますし、

フリーランスとしてはたらいているなら、デザインとは関係ない

営業だって自分でしなければいけません。

 

好きなことを仕事にすることは、好きなことだけを仕事にするわけではなく、

それ以外の仕事に必要なことはすべてやらなければいけないのです。

この期待値とのギャップが大きければ大きいほど、

好きなことを仕事にした時に、がっかりしてしまい、

好きなことが好きじゃなくなるという人が多いのです。

 

好きなことは仕事にならないのか?

だからと言って、好きなことを仕事にすることは不可能かと言われれば、

必ずしもそうではありません。

好きなことを仕事にすることは可能です。

もし、誰かに雇われるという方法で仕事をすることが無理でも、

個人事業主だったら、好きなことを仕事にするチャンスはあります。

 

ただ、思い立ってすぐに好きなことを仕事にできるわけでもなく、

業種によっては時間がかかることもあるので、

それなりの覚悟は必要ですね。

 

no name
最後は結局、絶対に好きなことを仕事にするっていう覚悟が一番大切なのよねぇ〜

 

どんな仕事の手段を使うかを選ぶ

では、好きなことを仕事にする時に、

仕事という手段をどのような形で実現するのかを選ぶ必要があります。

これは、それぞれメリットとデメリットがあるので、

それを考慮して選ぶことが重要になります。

 

転職という形で実現する方法

好きなことを仕事にする点で一番手っ取り早い方法は転職です。

企業によっては、未経験でも雇ってくれるところもありますし、

資格を取りながら就職できるところもあります。

他の2つの方法と比べれば手軽な故、デメリットももちろんあります。

 

メリット:

  • 未経験でも雇ってくれる企業がある
  • 資格を取りながらでもできる
  • 給料をもらいながらスキルを磨くことができる
  • ある程度の生活が保障されている

 

デメリット:

  • あらかじめ何かしらの仕事という形でしか就職できない
  • 競合が多い
  • 給料が低い可能性が高い
  • 時間の自由がない

 

副業という形で実現する方法

副業という形でしたら、週末起業という形で半フリーランスで取り組むことができます。

副業にオススメな人は特に今の仕事に大きな不満があるわけではないし、

辞めたいとも思っていないけど、プラスアルファで好きなことを仕事として

毎日を充実させたいといった人でうす。

 

メリット:

  • 生活が保障されている上で、好きなことを仕事にすることができる
  • 自分のペースで行うことができる
  • 副業が充実すると、本業の仕事も楽しくなる人が多い
  • 辞めようと思えばいつでも辞められる

 

デメリット:

  • 普段の仕事をやりながら別の仕事をすることになるので忙しい
  • 副業にかける時間が短いので、ある程度の成果が出るまで時間がかかる
  • 会社によっては副業禁止の企業もあるので、リスクがある場合がある
  • どうしても休日が潰れてしまうことが多い

 

フリーランスという形で実現する方法

これは、好きなことを仕事とすると決めている人にだけオススメする方法です。

つまり起業です。

起業に憧れる人はたくさんいますが、実際に行動に移す人や、

起業を成功させる人はあまりいません。

それは起業には好きなことの仕事とする『職人』としての技術だけではなく、

『起業家』『経営者』としてのスキルも必要だからです。

 

このあたりについては、マイケル・ガーバー氏が書いている

『はじめの一歩を踏み出そう』という本がオススメです。

この本には、多くの人が好きなことを仕事にして失敗してしまう理由が書いてあります。

 

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

マイケル・E. ガーバー (著), Michael E. Gerber (原著), 原田 喜浩 (翻訳)

 

転職という形で好きなことを仕事にすることと、

起業という形で好きなことを仕事にすることでは、

かなりの違いがあります。

この違いを理解した上で、どちらの方が自分に合っているのかを考えると良いと思います。

 

メリット:

  • 方針も就業時間もすべて自分で決めることができる
  • とにかく自由
  • 外注することで、なるべく好きな仕事に集中することができる
  • やり方次第では、高収入を得ることも可能

 

デメリット:

  • 自ら営業をしたり、マーケティングの勉強をしたりなど、経営のスキルが必要
  • 好きなことを仕事にするために、ビジネスモデルを自分で考えなければいけないケースも少なくない
  • 収入が不安定
  • 将来の保障は自分で作らなければいけない
  • 一度独立すると、後戻りできない

 

好きなことを仕事にする方法

ここまでは、好きなことを仕事にして失敗する方法をご紹介してきました。

ここからは、実際に好きなことを仕事にする方法をご紹介します。

 

好きなことをあげるだけあげる

好きなことを仕事にしたい人は、自分の好きなことがたったひとつだと思いがちですが、

実際はたくさん存在します。

まずは思いつく好きなことをたくさん上げることは、それを仕事にする上でとても重要です。

 

例えば、僕だったらコーチングは好きなことですが、

他にも人の話を聞くこと、webライティング、お金を稼ぐこと、セールス、心理学を学ぶこと、

人と会うこと、人をサポートすること、人と盛り上がること、作曲など。

 

具体的な好きなこともあれば、抽象的な好きなこともあります。

これをすべて上げてみて、なるべく多くの好きなことを叶えることができる

仕事を探すと良いです。

 

好きなことを組み合わせる

上にあげた好きなことを組み合わせてみましょう。

そうすると仕事をすること

 

好きなこととビジネスを組み合わせる

まず、就業という形であれば、あなたの好きなことをいくつも組み合わせたものを

採用してくれる会社を探します。

つまり、あなたの労働力に価値を感じてくれる会社を探すということです。

ネットや雑誌で検索してみて、採用情報がないとしてもメールで問い合わせて

みましょう。

 

間違っても求人サイトの中で、仕事を探さないでください。

求人サイトは、単純に仕事を探している人たちと単純に人材を集めている会社との

マッチングサイトなので、好きなことを仕事にする時に求人サイトを利用することは、

不適合です。

必ず手探りで探した方が、後々見つかりやすくなる可能性は高まります。

 

副業や起業という形で仕事をする際は、自分の好きなことに需要があるか

探してみましょう。

または、自分の好きなことの中で、それを求めている人は誰かを考えてみましょう。

人と会うことが好きならば、人と会うことが好きな人を求めている人は誰か。

そういった人は業界に関係なくたくさんいらっしゃるはずです。

そういった方たちと一緒にビジネスをしたり、外注のような形で承ることによって、

ビジネスを成功させることができます。

 

まとめ

どうでしたか?

好きなことを仕事にすることは毎日が楽しいことだらけのような

ことを思いがちですが、そういうわけでもありません。

 

ただ、ひとつずつポイントを押さえていけば、

充実した仕事をすることができます。

ぜひ、好きなことを仕事にして

楽しい人生を送ってくださいね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 起業, 転職 , ,