コーチングとは?コーチングを体験したことがない人でも理解できるやさしい解説!

   

こんにちわ!

コーチの皆川です。

最近、いろいろな人と会う度に、コーチングとは何かについてよく聞かれることがあるので、

きちんとご理解いただけるように、ここでご説明します。

 

コーチングの基本形式

一般的にコーチングと世の中で言われているものは、

基本的にはパーソナルコーチングという形式になります。

 

パーソナル = つまり1対1のことです。

 

コーチングを受ける人(クライアントさん)と、

コーチングをする人(コーチ)が、限られた時間の中でお話をします。

これをセッションと呼びます。

 

ここまでのスタンスは、

例えばセラピー、カウンセリング、コンサルティングなどと

形式は同じです。

 

一言で言うと、コーチングって何なの?

一言で言うと、コーチングとは目標達成の手段です。

目標達成というと何だかカタ苦しい感じがしますが、

内容は人それぞれです。

 

例えば、コーチングではよくこんな題材が扱われます。

  • 営業職の人が営業での成約を今よりも獲得したい
  • 経営者が会社の売上げを上げたい
  • ダイエットで体重を○○キロまで落としたい
  • 今までほとんど恋愛をしたことがない40代の男性が2年以内に結婚したい
  • 起業のアイデアがあるが、まだアイデア段階なので、きちんと事業化させたい
  • ギスギスした職場での人間関係を改善したい
  • やりたいことを見つけたい
  • 妻との会話がどんどん無くなってきているので、昔のような関係に戻りたい
  • 落ち込みやすいメンタルを何とかしたい
  • 貯金ができないので、貯金をしたい
  • メンタルブロックというものが自分の中にあることが分かっていて、これを外したい
  • 転職したいがなかなか行動に移せないので、行動に移せるようになりたい
  • 将来の不安を解消したい

 

いかがですか?

目標達成というと、仕事のことを連想してしまいますが

それ以外にもプライベートでの問題解決や目標達成にも応用できます。

コーチングはどんな問題や目標にでも適応できるマルチなスキルなのです。

 

 

コーチングって具体的にどんなことをするの?

コーチングセッションが始まると、コーチはクライアントに

基本的には質問しかしません。

 

どうして質問だけで、目標達成ができるかっていうことについてご説明しますね。

 

人の脳というものは、1日に自分にたくさんの質問をしています。

研究者によっては1日8万回、自分に質問しているとも言われています。

 

あなたもこんな質問を無意識に自分にしていることありませんか?

 

「今日、帰ったら何食べようかな?」

「あの人は私のことどう思っているんだろう?」

「明日は晴れるかな?」

 

何気ないことですが、これ、全部質問です。

人の脳は、空白を埋めたがるという習性があります。

 

つまり、質問をされるとその質問に答えたくなる

という習性があるということです。

 

そして、脳は安定を求めるので、何でもルーチン化したがるという習性も持っています。

つまり来る日も来る日も、同じ質問を自分に繰り返しているのです。

 

上に上げたような質問はまだ良いとして、

例えば、こんな質問を自分に繰り返していたとしたら、

あなたはどんな気持ちになりますか?

 

「どうしていつもうまくいかないんだろう?」

「何で自分はこんなにダメなんだろう?」

「何であいつは、こんなに仕事ができないんだろう?」

 

この質問って、どんな答えが返ってくると思います?

そう、全部ネガティブな答えが返ってくるです。

 

これは、Googleの検索エンジンと一緒で、

例えば、”いつもうまくいかない理由”と検索すると、

いつもうまくいかない理由の検索結果が出てきたり、

 

”自分がダメな理由”と検索すると、

ダメな理由の検索結果が出てくるのです。

 

でも、人はいつもうまくいってないわけじゃないですよね?

うまくいっている時もあるはずです。

人はダメなところばっかりじゃないですよね?

きっと良いところもあるはずです。

 

でも、質問によって、その回答はネガティブになったり

ポジティブになったりするわけです。

 

これが質問の力であり、人が感情をうまくコントロールできなくて、

目標達成を妨げる原因の内のひとつです。

 

コーチングでは、コーチからの新しい視点の質問をクライアントにすることで、

クライアントが持っているネガティブな回答を出してしまう質問のルーチンのパターンを壊すことで、

変化が起こります。

 

ここまで聞くと、自分が自分にコーチングするということも可能なんじゃないか?

と感じるかもしれません。

 

でも、自分が自分にしている質問ってそうそう気付かないんです。

残念なことに。

なぜなら無意識だから。

 

それが自分で出来ていたら、きっともう自分の目標達成や

問題解決は出来てるんです。

 

コーチングは心理学がベースになっている

コーチングは上にも書いたように心が重要なキーワードになります。

もちろん行動とか手段とか、そういったものも扱いますが、

目標達成をする為には、メンタルがとてもとてもと~っても!!!

重要になります!

 

じゃあ、なんでメンタルが重要なのか?っていうことについて、

次で説明していきますね。

 

目標達成のためのメンタルの重要性

目標達成をするために、多くの人はスキルとかやり方を知ろうとします。

でも、目標達成をするために必要なのは、

8割がメンタルで、2割がスキルと言われています。

 

例えば、あなたは今まで何か悩みがあった時に、身近な人に相談して、

アドバイスをたくさんもらったのに、どうもやる気が起きなくて行動に移せなかったり、

「自分にはそりゃ無理だな」と思って、諦めたりしたことはありませんか?

 

またはアドバイス通りにやったのに、うまくいかなくて、

自分にはこの方法は合ってないんだなと感じたことはありませんか?

 

これがスキルや、やり方だけ知ったとしても

目標達成することができない理由です。

 

不動産投資したい!と思っているサラリーマンはたくさんいますが、

不動産投資のやり方はネットや本にいくらでも情報が転がっています。

でも、実際にやる人がほんの一握りなのはなぜでしょう?

 

人間関係や恋愛をうまくいかせる方法もネットや本にたくさん載っています。

でも、それでもうまくいかない人がいるのはなぜなんでしょう?

 

それはメンタルの状態が結果に大きく影響するからです。

 

つい最近、日本ラグビーが盛り上がったのは記憶に新しいと思いますが、

日本ラグビーにもメンタルコーチとして、

2015年ワールドカップまで、荒木香織さんという女性がいたことは知っていますか?

 

なぜ、メンタルに関して別にコーチが存在しているかというと、

心の状態が結果を大きく左右するということがスポーツ界ですら、

証明されているからなんですね。

 

コーチングの歴史

もともとは欧米で自己啓発業界からコーチングというものが生まれました。

コーチングを受けた人が、みるみるやる気が溢れ出し、

それぞれの結果を出していきました。

そのコーチングという手法を知った日本は、「これはいい!」と思い、

企業でコーチングを使い、従業員のやる気を引き出すということを思いつきました。

これがきっかけで、日本にコーチング輸入されました。

これが、2005年あたりでしたが、当時はNHKなんかでも特番組まれたりしてたんですよ。

 

だがしかし!

 

日本で企業がコーチングを採用することは失敗に終わりました。

なぜなら、コーチングはクライアントの人生の目標達成や問題解決を取り扱うので、

従業員にコーチングを施した結果、

 

「俺の人生が、こんないち会社員で終わるなんて望んでいない!俺にはもっと可能性があるんだ!」

 

と言って、独立起業した人が多数いたということでした。

 

コーチングを受けた従業員にとっては嬉しい結果となりましたが、

コーチングをした企業側としては悲しい結果になりました。

 

今でも日本の大企業なんかではコーチングを取り入れている会社があります。

僕の知り合いでも大手に勤めている人がいて、会社でコーチングを受けた人がいたのですが、

その人は、きちんとしたパーソナルコーチングを受けたことがあるが故に、

会社で受けたコーチングは微妙すぎると言っていました。

 

そりゃそうですよね。

だって、会社は従業員を辞めさせたくないけど、やる気を起こしたいという

めちゃめちゃストライクゾーンの狭いところを狙っているのですから。

 

皆川が超個人的にコーチングをオススメする理由

僕が個人的にコーチングをオススメする理由があります。

それは、僕自身がコーチングを使って変化を起こしてきたということがあげられますが、

コーチングを使うと、自分が今まで解決できなかった問題を解決したり、

目標達成までの道のりが今まで苦痛に思えてきたのに、

めちゃくちゃ楽しく感じられるようになりました。

 

僕が実際にコーチングで変化したことはこんなことがあります。

 

  • ひたすら人に迷惑をかけないように生きてきた窮屈感がなくなった
  • 職場の人間関係が劇的に改善した
  • 嫌いな人がいなくなった
  • 自分の存在を自分が認められるようになった
  • 結婚できた
  • 人と腹割って話せるようになった
  • 運動や食事を無理なく出来るようになり、健康になった
  • お酒を控えるようになれた
  • 自分の力でお金を稼げるようになった

 

コーチングでの変化を起こせる特徴は、メンタル的なサポートをするので、

目標達成まで、自然体の自分で達成することができるということです。

つまり無理せずに、自分の潜在的な力を発揮することによって、

目標までの道のりが楽になるということですね。

 

他のコーチング事例として、コーチングを受けたクライアントさんのご感想を載せているので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

僕なりにコーチングの内容をご紹介しました。

もし、ご自身にコーチングが必要かどうかちょっとわからないという際は、

気軽にお問い合わせいただければ、直接お答えさせていただきます。

 

お問い合わせはこちら

 

あなたの人生が、今よりももっと良くなりますように!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - やりたいこと探し