稼ぐことは世界に貢献する

   

こんにちわ!コーチの皆川です。

 

今回は、稼ぐことは世界に貢献するです。

 

以前にも同じような記事を書いたのですが、

 

この話は個人的に好きなので、

 

何度もお話ししようと思います。

 

 

あなたは、お金は世界で奪い合っていると思いますか?

 

お金だけを見ると、もしかしたら奪い合っているかも

 

しれません。

 

 

しかし、『価値』というものを見ると、

 

必ずしも奪い合っているとは言えません。

 

 

例えば、世界にAさんとBさんの

 

2人だけ存在しているとしましょう。

 

AさんとBさんがそれぞれ1万円を所有しています。

 

そして、持ち物は何もありません。

 

 

ある日、Aさんは自分が家を作る技術を持っていることに

 

気づきました。

 

Aさんはその技術で家を建てて、Bさんに

 

「1万円で買わないか?」

 

と提案しました。

 

 

Bさんは、その家がとても気に入ったので、

 

1万円を払ってAさんから家を買ったのでした。

 

 

この時点で、世界にはいくら分の価値があるでしょうか?

 

・Aさんの持っている2万円(2万円相当の価値)

・Bさんの持っている家(1万円相当の価値)

 

つまり、この時点で3万円相当の価値が存在している

 

ということになります。

 

 

今度は、Bさんは自分が車を作る技術を持っていることに

 

気づきました。

 

その技術を使い、車を作りAさんに

 

「2万円で買わないか?」と提案しました。

 

Aさんはその車が気に入ったので、2万円を払い、

 

Bさんから車を買ったのでした。

 

 

この時点での世界の価値はどうなっているでしょうか。

 

・Aさんが持っている車(2万円相当の価値)

・Bさんが持っている2万円(2万円相当の価値)

・Bさんが持っている家(1万円相当の価値)

 

合わせて、5万円相当の価値が世界に存在する

 

ということになります。

 

 

このように価値を人に提供して、お金を流通させるほど

世界には価値が広まっていきます。

それはまるで、ロウソクの火に似ています。

 
ロウソクの火は、他のロウソクに火を灯しても、

 

自分の火が消えることはありません。

 

そして、次々にロウソクの火を灯していくことで、

 

火はどんどん増えていきます。

 

こんな風に『稼ぐ』ということは人に価値を提供して、

 

世界で価値がどんどん増えていくことを意味しています。

 

自分のビジネスでもサラリーでもどんな形でも、

 

世界に貢献する人がどんどん増えていったらいいなぁと

 

思っています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 皆川の信念